観葉植物 パキラ 花言葉

広告

パキラが花を咲かす、というのをご存じですか?

葉っぱだけの、いわゆる観葉植物、というイメージで定着しているパキラですが、花を咲かせることもあるのです。
ちなみにパキラの花は、こんな感じのものです。

 

観葉植物,パキラ,花言葉

 

花があれば、花言葉もある、というのが定番ですね。
ここでは、珍しいパキラの、花言葉についてお伝えします。

 

パキラ花言葉は「快活」

快活、という花言葉から、あなたは何を連想しますか?

 

元々パキラは、中南米などを原産とする、熱帯植物です。
本来のパキラは、その高さが5メートルにも10メートルにもなる巨木。
私たちが普段目にするパキラは、幼木と言われるものです。

 

快活、という花言葉のイメージ通り、パキラはどんな環境にもめげずに育ちます。
例えば、日があまりささない、ちょっと暗い室内。普通の植物にはかなり過酷な環境ですが、パキラであれば、多少葉が本来の緑からライトグリーンになってしまう程度であって、枯れることなどは滅多に無く、新芽も出してくれます。

 

もちろん熱帯系の植物ではあるので、日差しはあるに越したことはありませんが、そんなになくても育つ。元気な子。
それが、パキラです。

 

パキラの花は、熱帯系の植物らしく、普通の花とはちょっと趣が違いますね。
買ってきたパキラに花を咲かせるのは非常に難しいというか、そもそもの株がそういう株でないと不可能なんですが、もしあなたが偶然にも、花咲くパキラの株に出会えたのであれば、その花から、「快活」のエネルギーをもらってください。

 

ちなみに、種子から開花まで、日本の気候だと10年以上掛かります。
もし花が見たい方は、一生涯の付き合いと思って、種子から育ててみてはいかがでしょうか?

広告


ホーム RSS購読 サイトマップ