パキラ 挿し木 成長

広告

パキラ挿し木での成長はどんな感じ?

パキラ挿し木成長させる場合の方法は別のページに書きましたが、
ここではその成長の様子について書きます。

 

パキラ挿し木成長させるためには、まず挿し木の状態を見る必要があります。
挿し木にするパキラは、剪定などで得ると良いでしょう。成長の良いのがパキラですから、挿し木もどんどん得られます。

 

さて、挿し木にする際、前のページではそのまま土に入れる方法を紹介しました。
もちろんそれでも十分根づいてくれるのですが、不安だな〜、という方のために、もう一案。

 

パキラ挿し木を作る際、紙コップに水を入れて、切った方を水に入れておきましょう。
すると、挿し木の下部に、徐々に白いものが出て来ます。最初はカビと思うかも知れません。
そんな白いのが成長すると、しっかりした白い根になります。

 

成長した根のあるパキラだったら、もう植えても安心ですよね!

 

パキラはこのように、水耕栽培を兼ねてうまいこと成長させる事が出来る植物なので、挿し木で増やすにしても、難しいことは特にないのです。とにかくパキラ自体の成長力頼みです!

 

前のページ通り、挿し木の方法は、2節で切ること。これが第一です。
1節でも一応根づきますが、成長があまりしっかりしてくれない、ということを聞いています。

 

挿し木成長させたパキラは、葉は付けますが、胴の太いものにはなりません。
元々が胴の太いパキラから挿し木を取ると、そのか弱さにがっかりするかも知れませんが、
挿し木成長するのはそれが限界。いわゆる「ずんぐりした」といわれる胴が欲しい場合は、種から育てることを検討してみて下さい。

広告

挿し木 成長関連ページ

挿し木 方法
パキラの挿し木のやり方を、1から丁寧にお伝えします。これを見れば、パキラを挿し木で育てる方法がマスター出来ます。立派なパキラを育てましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ