パキラの育て方 葉

広告

パキラを育てるには、適度な日光浴が良いです。

「日光が最適です」と言いたいところなんですが、パキラは、放って置いても立派になります。それほど「こうするとよく伸びる」というような裏技はありません。たっぷりの日光と適度の水やり、というそれだけで、パキラは新しいを出してくれますし、自体も立派に育ちます。

 

パキラが落ちてしまうこと、というのはしばしばあります。これは仕方ありません。
ただ、パキラは生命力が非常に強いため、が落ちた枝を切り戻ししてやると、そこから新芽が出ます。

 

極端な話し、全てのが落ちてしまうこと(これは私の手入れ不足でしたが......)もあるのですが、
そうなってしまってからでも、枝を適当にパツンパツンと切ってやるだけで、新芽が出ます。
パキラの生命力には、本当に感服します。

 

 

パキラは、あまりに暗いところにいると、よく成長はしません。これは普通の植物全般と同じですね。
パキラの場合、暗所に置いておくと、枝ばかりが伸びていまい、外観が良くなくなりがちです。
でもそうなってしまっても、簡単に補正出来ます。切り戻しすればいいだけの話なんです。

 

適当な、望んだ長さで、パツンパツン。
初めて切る時は「これで枯れたら……」とか思いがちですが、平気のなんちゃらでして、
切ってしばらくすると、何事も無かったかのように新芽が出て来ますので安心して切って下さい。

 

 

パキラを健康に保つ為には、時折水を掛けるのも悪くはありません。
パキラは、大抵の場合観葉植物として室内で育てられています。
その関係で、の表面に埃が乗っかることもしばしばあります。

 

に霧吹きでたっぷり水をかける水は、埃落としにもなって、良いのです。

広告

パキラの育て方 葉関連ページ

観葉植物パキラの育て方
観葉植物パキラの育て方を、ざっくり説明します。このページを読めば、あなたも今日から、パキラとお友達になれること間違いなし!
枯れる 原因
パキラが枯れる原因について詳細にお伝えします。パキラは生命力の強い植物ですが、ある環境が出来てしまうと、枯れてしまうのです......

ホーム RSS購読 サイトマップ